中学時代の恋愛

不特定多数にモテるためには、富であるのにこしたことはない。
多くの人が「タイプ」を聞かれたら、有名人の名前をあげたりことが、それを表している。お金持ちであるとか:。
情が深そうでもあったりーーがすごくカッコイイと感じる女子も一定層いる。
こんなこともある。ぼくの中学時代には、運動部の生徒を中心に、有名なメーカーのスポーツバッグを持つことが流行っていた。たかだか中学生の持つものだから、いま思えばそんなにセンスがいいとも思えない品物だ。が、当時のぼくが通っていた学校では、そのバッグを片手に持って登下校する先輩の姿に、新入生はみんな憧れたものだった。そして下級生の中でも大人びた連中からそのスタイルを真似していった。その順番はまさにモテる順だったように記憶する。ぼくらの聞でスポーツバッグは、明らかにローカルな「萌えアイテム」だったし、そうしたスタイルは、中学生にしたら自分を底上げして見せる「恋愛資源」だったのだろう。
結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

こんなかたちで、ある世代、ある地域、ある人間関係の中で、ローカルな価値が作られることはめずらしくない。たぶん、思春期のキミたちにとっての「恋愛資源」は、「社会的な資源」よりもそうしたローカルなところで生まれている価値のほうに管野鵬位がある。「釈舵」叫即日公のような大人になったときに有利なる「資源」の価値は、中学生や高校生ではまだリアリティが感じられないだろう。自分の周りにいるのはほとんど親元にいる未成年者だし、教室の中にいる連中はみんなドングリの背比べだ。そうした環境で「恋愛資源」として威力を持つのは、むしろ、そのせまい社会の中で、多少、相手と差をつける程度の個性だ。
目鼻立ちが整っているとか、スポーツが他の生徒よりもできるとか、ヘアスタイルが酒落ているとか、笑いをとれる「コミュニケーション能力」があるとか、いっしょうけんめいであるとか、純情であるとか、ほのぼのしてるとか、ボンのすその太さとか、気持ちがすごくやさしいとか、そうした細かい点がモテるモテないの大きな分かれ目になってくる。
057b_350

恋愛」はお互いの「資源」の交換

恋愛」はお互いの「資源」の交換だといえる。自分の気に入った船艇えの店に行って、そこの常連じようれんになる。相手も自分の店に来てくれて、それを気に入ってくれれば、互いに特別な契約を結ぶ。それぞれの店は独立したものだが、そこでの特権を与え合う(交あたあこうかんじっさい換といっても実際にモノのように交換できるわけではないが、その特権によって相手の「資源」を共有しているような気分になれるということ。そして、その快楽こそが「恋愛」の醍醐味になる)。
夫婦間で問題が出たとき、複雑であればあるほど解決に時間が掛かります。そうならない為にも、ここで→結婚相談所 選び方 相性が合う素敵な結婚相手を見つけましょう。

だから人を引き寄せるためには、店構えも清潔で魅力的にしておかなければならない。品物も種類豊富にたくさん置いであったほうがいい。
キミもそうで、見た目で他人に気に入られるにこしたことはないし、人間としての能力もさまざま身につけておいたほうが人に求められる。人にやさしい都民でいることも大切だ。つまり、「都宮が」というのがもしあるとしたら、それは「人間力」そのものなのだ。キミが「恋愛」に強くなろうとするのなら、「恋愛」以外の実力をつけることが早道なのである。
急がば回れ!ただし、求める「資源」の優先順位は人それぞれだし、ある人にとっては必要な「資源」が、別のある人にとっては意味のないものであることも考えられる。あるいは、ふつうの人が好まない「資源」を求める人もいれば、一般的いっぱんできにはあるべきだとされる「資源」がないことが、かえってその人を魅力的に見せることだってある。平凡であることが「資源」に見える人もいるはず。そこがぼくたち凡人にとって救いになっている。エリートやお金持ちばかりが「恋愛」できるわけではない。
061k_350

「資源」と「恋愛」

「恋愛資源」を試算しての選択がタクミだった。いつか心がわりするかもしれないが、少なくともそのときは、ハチは彼を選んでいいと思った。そしてその全体的なプラス価値がタクミの魅力であり、彼そのものなのだ。ハチはそれにときめいたし、気持ちが動かされた。それは経済的な打算も入っているけど、「恋」は多かれ少なかれ、より大きな阪へとなびく心の運動だろう。そう、「窓」する思いには、そもそも純粋と不純はない。どの「資源」によって「恋心」が刺激され、思いが膨張していくのかは、ケースバイケース。それらの「資源」の聞に優劣をつけるのはナンセンスである。もちろん「恋愛資源」の総合得点が高ければ特定の相手の気持ちを得ることができるとはかぎらないし、大した「資源」がなくとも、「恋愛」に恵まれることはある。平均点が極端に低くても、一つだけ突出した「資源」が勝利をもたらすこともあるだろう。だけど、品揃えのいい店のほうが客の入りがよいように、人間だってより豊かな「資源」が種類多くそなわっている人のほうが人を引きつける。そして来客が多ければそこで互いをよりよい条件で選び合うことが可能になるし、自分に合った相手とめぐり合う確率は高くなる。
もし、ここで→出会い系 サクラいない 出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

現実的に考えても、たとえば、「学歴資源」のある相手をゲットしようと思ったら自分にもそれがないとむずかしい。なぜなら、そういう相手と出会うには、そういう人たちが集まる学校なり会社なりに入らなければならないから。芸能人と知り合いたかったら、芸能界に入るのがいいのと、「資源」がなければ、それを持った人の集まるところに出入りすることすらできない。
055g_350



結婚はノブかタクミか


それ以前に、自分の子供ではないかもしれない子供を、ノブは心の底から受け入れられるかどうか。ノブは一途にハチのことを愛してはいるが、まだ大人の男とはいえず、度量の大きさはないように見える。
それに比べてタクミは、どちらの子供であろうが引き受けるとすぐに宣言したし、それだけの経済的、精神的な余裕がある。ノブと違って自分自身の稼ぎだけで子供の養育くらいなら引き受けられるだろうし、面倒をみてくれる予感がする。
夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

他の女性ともつき合うこともあるだろうが、生活は安定するスターであるタクミの特別な女である立場を得るのは、胸限ることかもしれない。外見では、どちらもいい男のようなので、ハチはもともとタクミのファンだったので、タクミもノブもそう変わらない。タイプとしてはタクミに軍配ぐんばいが上がるの学歴はともに高卒なので、ノブにも将来性はあるが、タクミはすでに大成功を収めていて保証されてい
引き分け。経済力は、家出同然で実家を飛売れっ子ミュージシャンのタクミは現時点では断然上。音楽の点からすると、タクミとするのが妥当かもしれない。「恋」する思いの強さは、圧倒的にノブ。しかし「恋愛」をしていてタクミの彼女であることで得られる周囲からの羨望、ノブの彼女としていることの心地よきでは、どちらがいいともいえない。
また、男としての容量の大きさは、すぐに子供の責任を取ることを告げたタクミだろう。コミュニケーションの楽しさは、同じ目線で話ができるノブかもしれない。
057n_350

恋愛は自分勝手

タクミと違って一途にハチを思い続けるノブだって、女の子に投げかけているだけなのかもしれないし(事実、自分の思おもい込みをハチというノブが思っているほどハチは心やさしいだけの女ではないてそういう意味ではノブもハチに、自分勝手に描いたま釦艇をたくしているともいえる。「窓」はしょせん、自分の一なのだ。
相手のことを理解して、とか、相手のためを思って、といった無私な気持ちゃ、善のみが映し込まれた心理とはいい切れない。妊娠がわかってタクミのところに戻るとき、ハチはやはりタクミとノブの「恋愛資源」を比較してみたのかもしれない。子供を産み育てる、という問題があるので、この選択は単純な「恋愛」のそれとはいえないけど、ハチにしてみたら、自分の気持ちの満足と、生まれ来る子供との生活にとってより快適なほうを選んだといってもいい。
仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→出会いがない 社会人 素敵な出会いを見つけてください。

もちろん、それはただお金があればいいといったことだけではなくて、心の充実もふくめて、やはり総合的な判断だったのではないか。
ハチはただのフリ タ!なので、経済的な保証は優先順位の上位にあったはずだ。
突は、ノブも実家は大きな旅館で、そこの跡取り息子でもあり、いざとなれば、念品つたく生活のめどが立たないわけではなかったともいえる。しかしミュージシャンを目指す彼のことを考えれば、たとえいま彼の気持ちに応えてつき合っていったとしても、子供との生活の負担は彼の気持ちを次第にめいらせてしまうかもしれない。年若い男ゆめが、自分の夢も果たせないまま、父親の責任を押しつけられることに耐えられるようには思えない。
031

ハチの恋愛

そしてノプとつき合いを深めれば深めるほど、ハチはノプのことを好きになっていく自分を感じる。ところが、ある日、妊娠をしていることが発覚する。動揺するハチ。それがどちらの子供であれ、全部自分が引き受けると申し出るタクミ。タクミの元に行く・・。と筋だけを追うと、なんとも打算的ださんてきな女にしか思えないハチだけど、場人物の心理を実に繊細に描せんさいえがいていて、タクミとノブの両方にひかれるハチの女心が、嫌みでなく、説得力を持って伝わってくる。
新しい出会いが結婚相談所 比較 で、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。

ハチは再び心を動かされてノブから離れ、親友のナナに、「そりゃタクミはたまたま売れっ子のミュージシャンだけど/そんなの関係なくあんたはあの男に惚れちまったんだろ?」と関われると、ハチは心の中でこう考える。「関係なく:::?/そうかな/あたしにとってタクミはやっぱりトラネスのタクミだよ/切り離してなんか考えた事ない/一人の男としてど lかと言われると/相当とんでもない人な:::」。
ハチにとって、タクミは社会的なステイタスもふくめて「好き」ということだろう。たいてい、肩書きがあるとか資産を持っているとかいうことを「恋愛」の対象に求めるのは不純とされてしまう。けれど、実際は、そういうこともふくめて人は人を『好き」になる。タクミのようにれ艇があり、また努力を積み重ねてトップミュージシャンに登り詰めた人間にとって、売れっ子でお金持ちであることは、自分という人間の重要な存在証明になっている。それは彼を彼たらしめている大きな魅力に違いない。ナナのように、そういう部分に惚れることを否定的にとらえるのは、「心は諮問で、お金や地位は悪」という幼稚なものの見方だ
ろう。お金や地位にも、その人自身の積み重ねたものや、才能や、運を呼び込む強きが反映されていて、それはプラスの要素だと考えてなんら問題ない。としたら、お金や地位の用い方だ。
034

恋心は「イメージ」「好感」

く漫画やドラマで、他に何も持っていないが「恋」する気持ちだけは誰にも負けない、という一いちず途な主人公が「恋」に勝つ物語がある。闘う武器は彼女への思いだけ。けれど彼女にしても、そこまで愛されることはそうはないので、その純真さにほだされるというわけだ。思いの過剰さは、ときに相手の迷惑にもなるけど、うまく波長がシンクロすれば、思わぬ大魚を射止めることになるかもしれない。
しかし、すでに相手を性別でもって区別している時点で心以外の面を考慮しているのだ、と先に書いた通り、「恋愛」の相手を選ぶときには、人はさまざまな面を総合して艇献づけている。思いの鰍押さだけを基盤にしているのが正しくて、その他のことを考慮するのは打算だ、と非難するのは、人間というものを瞥織にとらえすぎているだろう。みんな総料配思いだけでなく、計算や、将来への展望や、性的な欲求や、その人といることの心地よさなど、複数の「資源」を足し引きしながら、自分に見合う相手を選んでいる。そもそも「恋心」自体、さまざまな「資源」によって複合的に作られる「イメージ」「好感」なのだから。
コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。

作品も大ヒットを記録したので、
キミもタイトルくらいは耳にしたことがあるだろう。
他にもつき合いのある女性がいるようだ。タクミのあまりのそっけなさに、次第にハチも、自分に思いを寄せていてくれるノブに、気持ちを傾かたむけていく。ノプは、ナナとバンド、ブラストを組んでいるが、その時点ではまだ売れていず、将来もわからない、ただ純粋にハチに「恋」するだけの若者だ。しかし、いいかげんタクミの身勝手さに愛想の尽きたハチは、ノプの「恋人」になることを決める。
049

コミュニケーション能力も、「恋愛」の大きな「資源」

また、細やかな対応を「やさしい」と評価する女性が多いことからしても、相手の気持ちをくむ能力にたけている人は、好かれやすい。だから、コミュニケーション能力というのも、「恋愛」の大きな「資源」として考えられる。
「学歴」同様、結婚にとってのよりよい条件が備わっていることが「恋すると身もふたもないが、お金、経済力もポイントが高く結婚は、好きになったふたりがいっしょになる、ということだけではなくて、実際に暮らしていかなければならないし、たいていは、子供だって育てることになる。だとしたら、貧乏よりはお金に余裕があったほうが生活はらくだし、人生をより豊かに楽しめるだろう。ゆえに、お金持ちの親の元に生まれたことも、あるいは自分自身でかせいだお金をたくさん使えることも、相手にアピールするポイントになる。お金で人の心は買えない、ともいわれるが、心を引きつけることもふくめて、かなりのものをお金の力で得られることも否定できない。
コミュニケーションは大切です。←で、出会った結婚相手であってもコミュニケーションが出来ていないと幸せな時間は長くは続きません。

もっと過酷な現実をいえば、社会調査によると、低所得の男性の結婚率は低いという結果が出ている。晩婚化と呼ばれている今日、お金がない男性は結婚したくとも、それにウンといってくれる女性はなかなかいないのだ。多くの女性はやはり、ある程度豊かな男性と「恋愛」することを夢見ている。それもまた「恋」のファンタジーなのだ。シンデレラを迎えに来たのが貧しい男ではなく、「王子様」だったように。
いやいや、しかし、まだあきらめることはない。反対に、ただその人のことが好きだというまっすぐな思いも、「資源」といえなくはない。
026

恋愛資源

そういう人聞が魅力的であるこというまでもない。プロのスポーツ選手になれば、その能力は収入にもつながるわけで、学歴に劣らない社会的な武器として活用できる。
スポーツができること自体、世間でカッコイイと思われてい友情に厚い人が多いようにスポーツには長年、プラスのイメージが蓄積されていて、その歴史が後光のも思う。
スポーツマンを輝かせて見せる。やはり、「ガリ勉」のマイナスイメージがある「学歴」よりも、ずっと多くの人に「恋愛資源」として支持されているだろう。
経験値を上げるにはまず相手がいないとね。ここ→から候補をたくさん探せるよ。

それ以外の能力だって評価の対象となる。音楽の才能があること、料理が上手なこコンピュータについて詳しい、絵画を描くことができる、若い人たちの聞では、お笑い芸人の人気がとても高い。週刊誌などによると彼らはすごくモテるそうだ。男女が知り合うコンパなどでも、笑いをとれる男は女性に受けがよくて、そういう場で上手く話ができないタイプはどうも恋人に恵こいびとめぐまれないらしい。このことは非常に象徴的なことだと思うのだけど、お笑いというのは、何よりもコミュニケーションの能力が求められる分野なのだ。相手の気持ちゃ求めているところが瞬時に読めたり、即座に対応できる力がないと、人を笑わせることはできい。それこそ、究極のコミュニケーション能力ともいえるだろう。こうしたやりとりからお笑い芸人たちはいま人気なのだ。
いいなあと思う感情や、一時の性的発情だけでは、現実の関係は維持できない。
041

恋愛は結婚の前哨戦

英語はこれからの時代にはどこででも必要とされるだろうし、国語ができなければ、ちょっとした文章だって書くこともできない。だからこそ、学力のある人が行く大学を出たものは、「使える人間」としていい会社などに迎え入れられることになるのだ。そして釈監は、「使える」だけではなくて、地味な積み憲一一ねができる人間だ、という証明にもなっている。学歴は人にプラス評価を与える。そういう人は
将来、いい仕事をするかもしれないし、高収入を得ることにもなりかねないし、何かを積み重ねていくことができるかもしれない、という期待の、一つの指標しひょうになりうるのだ。それは可能性でしかないが、ないよりは全然ぜんぜんマシである。
出会いのチャンスはここにあります。→が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

そういう人物に憧れる、尊敬するというのはあってしかるべきことで、それが「恋愛感情」に結びつくことを非難する理由は何もない。人はたいていは相手のよい面にひかれるもの。プラス価値に心ゆさぶられる。「恋愛」を結婚の前哨戦と考える女性がが多いことを考えると、学歴の高い人と「恋愛関係」に陥ることを夢見る人だっているだろう。しかしだからといって、学歴がくれきがなければ「恋愛」はできないか、といえばそんなことはまったくない。
たとえば、世間では秀でたアスリートに対しても、プラスの評価が与えられている。
彼らは人にできないような練習を自分に課し、勝負に負けない強い精神力を養っている。だから多くの人が、彼らの活躍に感動する。
MIX46097

© 2014 女性の幸せは結婚で終わりではないその先も

Theme by Anders NorenUp ↑